HOME > 弁護士・弁理士 一覧 > 小林 英了 弁護士

小林 英了  弁護士

 
小林 英了 弁護士

主な取扱分野

特許法/商標法/著作権法/不正競争防止法

登録、所属

東京弁護士会
 

経歴

 
1997年3月

京都大学工学部電気工学第二学科卒業

1999年3月

京都大学大学院工学研究科電子物性工学専攻終了

1999年4月

小林国際特許事務所入所

2000年11月

弁理士試験合格

2002年5月

米国Franklin Pierce Law Center (MIP)修了

2007年3月

早稲田大学大学院法務研究科修了

2007年11月

司法研修所入所

2008年12月

弁護士登録

2008年12月

大野総合法律事務所入所

2017年1月

パートナー就任

 
 

著書・論文

◆弁護士が予測する「新たなチャイナリスク」 (月刊ザ・ローヤーズ 2010年12月号、共著)

◆特許法改正を読み解く 解説改正特許法 -実務家はこの改正をどうみるべきか-
  2011年9月(ビジネス法務 Vol.11 No.9 中央経済社 共著)

◆新・注解特許法(上巻)(中山信弘・小泉直樹編 青林書院 2011年4月刊 共著)

◆新・注解特許法[第2版](上巻)(中山信弘・小泉直樹編 青林書院 2017年9月刊 共著)

◆韓国版キルビー判決及びその影響 2013年1月(知財管理 Vol.63 No.1(NO.745)日本知的財産権協会 共著)

◆平成27年における特許審決取消訴訟の概況(月刊パテント 2016.8 共著)

◆平成28年における特許審決取消訴訟の概況(月刊パテント 2017.8 共著)

◆「特許権侵害に対する損害賠償額の算定についての近時の状況」(東京弁護士会 法律実務研究第35号 2020年3月)

◆「特許権侵害行為の差止請求権に関する諸問題」(東京弁護士会 法律実務研究第36号 2021年5月 共著)

◆「数値限定発明に関する諸問題」(東京弁護士会 法律実務研究第37号 2022年5月)

 

講演

◆2019年5月 LESI Annual Conference "Latest Court Decision Affecting Patent Licensing – Japan"

◆2021年1月 日本ライセンス協会 関東月例研究会 「米国知財最新事情と最近の重要判決」

◆2021年5月 LESI Annual Conference "Latest Court Decision Affecting Patent Licensing – Japan"

◆2022年4月 AIPLA-LES Joint Meeting 「日本版アミカスブリーフ制度(第三者意見募集)」

◆2022年5月 LESI Annual Conference "Latest Court Decision Affecting Patent Licensing – Japan"

 

活動

◆2009年~ 東京弁護士会 知的財産権法部

◆2009年~ 日本ライセンス協会

◆2019年~2021年 日本弁理士会 能力担保研修講師

 

使用言語

日本語、英語
 

PAGE TOP

 
  • 商標/意匠
  • 中国知財財産権
  • 中国業務
  • バイオ特許
  • 企業の知財戦略
  • 求人情報
  • リンク集